AOMORI GOKAN アートフェス 2024 メイン企画

エンジョイ!アートファーム!!

周遊チケット対象

八戸市美術館

【会期】
2024年4月13日(土)— 9月1日(日)

【休館日】
火曜日(祝日の場合は翌日)および6月26日(水)
※ただし4月30日(火)、8月13日(火)は開館

【会場】
ジャイアントルーム

【観覧料】
無料
※窓口で周遊チケットご提示いただくと、AOMORI GOKAN アートフェス2024 オリジナルグッズをプレゼントいたします。

【参加作家】
磯島未来、漆畑幸男、しばやまいぬ、蜂屋雄士、東方悠平

【会場構成】
佐藤慎也

【グラフィック】
野間真吾
5人のアーティストたち、ジャイアントルームにて( 左から磯島、東方、漆畑、しばやまいぬ、蜂屋)

八戸市美術館のコンセプト「出会いと学びのアートファーム」を体現した企画です。

展覧会やプロジェクト、コミュニケーションを種として、訪れた人々が得る出会いや学びが栄養となり、それぞれの感性や創造力が育まれる。この美術館は、その畑(ファーム)となり、まちの未来を創造していきます。

そんな美術館を象徴する空間「ジャイアントルーム」で、八戸を拠点に活動する5人のアーティストが、訪れる人たちと共につくり、楽しむプロジェクトを展開していきます。

作品を鑑賞したり、絵を描いたり、人々の集まりに参加してみたり、ジャイアントルームに滞在するアーティストと交流したり……。絵画や版画、写真、ダンスなど、多様なジャンルでのプロジェクトが日々繰り広げられます。

訪れるたびに変化するジャイアントルームのあり方は、訪れる人によって使い方が決められていく「はらっぱ」のような場でもあります。「はらっぱ」でもあり、「ファーム」でもあるこのジャイアントルームで、さまざまな作品や活動、そしてアーティストとの出会いをお楽しみいただけます。

◎参加作家

磯島未来(振付家・ダンサー)
ジャイアントルームを訪れた人から、これまでに経験した出来事や、生きる上で大事にしていることなどを磯島が聞きとり、その話をもとに、その人らしさが凝縮したダンスの振付をその場で考案します。できた振付は、磯島か参加者自身が踊り、映像にして公開する予定です。

磯島未来《スタディ;わたしたちを読む》 2014年

漆畑幸男(画家)
これまで制作した作品の展示とあわせて、漆畑が訪れる人たちとともに大きな1 枚の絵を制作します。また、展示作品について考え、語ることのできる場を設け、集まった「解説」をもとに、参加型の「画集」を制作するプロジェクトも展開します。

漆畑幸男《幸福の歌》 2014年

しばやまいぬ(少女板画作家・イラストレーター)
ジャイアントルームに、しばやまいぬの世界観を具現化した森が出現します。森には板画作品の虫が潜み、訪れる人たちは虫を捕まえ、集めることができます。また、訪れる人たちが考えた新種の虫も加えることができ、それらを図鑑に収めることで、訪れる人たちとアーティストが共に森や虫図鑑を育てていきます。

しばやまいぬ《疾風少女2》 2018 年

東方悠平(アーティスト)
ベトナムに長期滞在するなど、東南アジアとの関わりが深い東方は、ベトナムで見つけた野生のバナナを手がかりに、訪れる人たちと、一人ひとりが考える「自由」について語り合ったり、表現したりしながら、ジャイアントルームに現代版の「自由の女神」を建設します。

東方悠平《TENGUBUCKS Cafe in Hue – Co ee Float》 2019 年

蜂屋雄士(写真家)
「 家族写真」を大事にしている蜂屋が、出産、進学、結婚、旅行、葬式など、参加者とともに「家族」と「写真」をめぐるトピックスについて深めるラーニングプログラムを実施し、参加者と蜂屋が撮影した家族写真を展示します。

蜂屋雄士《大須賀海岸と》 2023年